2015年7月24日金曜日

福井県から通える通信制 京都美山高等学校は、2014年に新校舎を竣工しました!


インターネットでの学習ですので、遠隔地でも就学していただけます!

●学校の先生方へ●

このブログは、福井県在住の中学・高等学校の先生で現在、自分のクラス・学年になかなか登校できていない生徒がいる、家庭訪問しても本人にもなかなか会えない、保護者にも連絡が取れないで困っているという方に向けて書いています。

京都美山高等学校はインターネットを利用した通信制高等学校です。

年間5回程度スクーリングと考査日のみで卒業することが出来るので
福井県からは遠いと思われるかもしれませんが、少ない登校日数で修学することができます。

その上、不登校生支援を行っている学校ですので、現在中学校で長期的に欠席されている、学校には来ているが、たまに来ることが出来る程度である、あるいは学校に来ても教室に入ることが出来ないという生徒さんにもたくさん来ている学校です。

ご担当されているクラス、学年で現在学校に通えていない・保健室登校なら出来る・校門までなら来れるという状態であって、進路を考えた場合通常の通信制高等学校の週3、4日の登校を進めることに心配がある、という生徒さんはいらっしゃいませんでしょうか。

通常の週3、4日の通信制高等学校のスクーリングを選択され場合、登校できずに単位認定が受けられず、転学するケースや挫折してしまい転学も困難になり、自宅に引きこもってしまうケースもあります。

もちろん、高校の進学を期に心機一転、全日制や通常の3、4日のスクーリングに通うことができた、という場合はもっともよいケースであると思いますが、中学校3年生の時点で明らかにそれが困難であると想定される場合、一度本校の検討をしていただけないでしょうか。

ぜひ一度、学校にお問い合わせください!
フリーダイヤル: 0120-561-380


2015年より、京都美山高等学校の生徒募集区域が、

京都・大阪・滋賀・奈良・兵庫・福井となりました!



卒業には年5回程度の通学が必須ですが、

京都市内の学校だから、近畿圏内なら1時間程度、福井からは1時間半程度でアクセスできます!

京都・大阪・滋賀・奈良・兵庫・神戸・福井の通信制高校 京都美山高等学校

京都美山高等学校は校舎が完成しました。

きれいな校舎でスクーリング・通学コースをしていただくことが出来ます。
教室内の壁面には特殊な塗料を使い、スクリーンがなくてもプロジェクターを投影できるなどさまざまな工夫が凝らされています。

ですので、本年度転入していただいた生徒さんや、来年度から入学していただく生徒さんは新しい校舎で学習していただくことが出来ます。

説明会等もこちらの校舎で行われますので、ぜひ一度新しい校舎に来てみませんか?


大阪・京都の通信制高校




■他教員のブログもぜひご覧ください。

◆生徒自治会ブログ◆
生徒自治会ブログ

◆英語科ブログ◆
英語科ブログ 英語科ブログ2 英語科ブログ3 英語科ブログ4 英語科ブログ5 英語科ブログ6

◆国語科ブログ◆
国語科ブログ 国語科ブログ2

◆数学科ブログ◆
数学科ブログ 数学科ブログ2 数学科ブログ3

◆理科ブログ◆
理科ブログ 理科ブログ2

◆地歴公民科ブログ◆
地歴公民科ブログ 地歴公民科ブログ2

◆保健体育科ブログ◆
保健体育科ブログ 保健体育科ブログ2 保健体育科ブログ3

◆美術科ブログ◆
美術科ブログ2

◆情報科ブログ◆
情報科ブログ 情報科ブログ2

◆システム部ブログ◆
システム部ブログ

京都美山高等学校は、学校教育法第1条で定められている

正規の高等学校です。

「サポート校」や「技能連携校」ではありません。

★JR北陸本線(米原~金沢) JR小浜線(東舞鶴~敦賀) JR越美北線(九頭竜線)(福井~九頭竜湖) 福井鉄道 福武線(越前武生~田原町) えちぜん鉄道 三国芦原線(福井~三国港) えちぜん鉄道 勝山永平寺線(福井~勝山)京都美山高校説明会★

京都美山高等学校の説明会にぜひお越しください。

京都美山高等学校では、学校説明会&個別相談会を行っています。
学校説明会では、実際に校舎で教員と話をしたり、校舎を見学したりしていただくことが出来ます。

学校のシステムを聞いていただくことも大切ですが、何より実際に先生や校舎の雰囲気を味わっていただくことが一番だと思いますので、ご興味を持たれましたら、ぜひ一度相談会へお越しください。

個別相談・学校説明会申込


資料請求・お問合せはこちらから(無料)


京都・大阪・滋賀・奈良・兵庫・神戸・福井の通信制高校


京都美山高等学校公式サイトへ



ブログを読んでいただいてありがとうございました。
これからもがんばって更新していきますので、よろしくお願いします。


高校教育 ブログランキングへ